ライン心理

【LINE心理】よく送信取り消しする人の5つの心理とは!?|3つの対処法もご紹介します!

出典:Pixabay

”メッセージの送信を取り消しました”というLINEの送信取り消し機能を知っていますか?

「あれ?なに消したんだろう??」「なんか、あったのかな?」「なんか気になる・・」このように気になった経験ありますよね。

メッセージの送信取り消しをする人はいったいどういう心理なのでしょうか。ここでは、このような疑問について回答していきます。

この記事の内容

LINEでよく送信取り消しをする人の5つの心理とは?
LINEで送信取り消しする人の対処法

LINEでよく送信取り消しをする人の5つの心理とは?

出典:Pixabay

ここではLINEでよく送信取り消しをする人の5つの心理についてまとめました。次をご覧ください。

勢いで送ってしまった


LINEでよく送信取り消しをする人の心理1つ目は「勢いで送ってしまった」です。


自分の気持ちを伝えたいと思い、その勢いでLINEをしてしまったけれど冷静になって自分が送ったメッセージを見て「ヤバイ...!」「やっちゃった...!」と焦る時があります。


人は感情的になって勢いで送ってしまうと、相手からしたら驚くような内容になってしまう場合もあります。相手への「恋愛感情」や「真面目な話」などについてLINEをする時もあるでしょう。


でもこのような内容の場合は、勢いで伝えてしまうケースもあります。でも後から冷静に考えて「もっと落ち着いて気持ちを伝えよう」と思うので、LINEの送信取り消しするという心理になるのでしょう。

駆け引きをしている


LINEでよく送信取り消しをする人の心理2つ目は「駆け引きをしている」です。


「あれ?どうしたのかな?」と、相手の気を引こうと”あえて”送信取り消しをしている人もいます。


これは、相手の脳内に自分を擦り込ませる目的で心理テクニックをうまく利用している人です。(言い方を変えると、心理テクの悪用)


意味深なメッセージを送った後、送信取り消しをする人の心理はこれに当てはまります。

LINEで送信取り消しする人への対処法

出典:Pixabay

「大丈夫だよ」と安心させる

LINEで送信取り消しする人の対処法3つ目は「「大丈夫だよ」と安心させる」です。相手が送信取り消しをした理由が「嫌われたくないから」かもしれません。

大量のメッセージ取り消しを相手がしていた、そんな時は「メッセージなんて消さなくても、あなたのことは嫌いにならないから大丈夫だよ。」などと、相手を安心させる言葉をあげましょう。

そうすることで、今後のメッセージ取り消しを防ぐことができるかもしれません。

まとめ

この記事では以下について詳しく解説をしました。

・LINEでよく送信取り消しをする人の5つの心理とは?
・LINEで送信取り消しする人の対処法

この記事のポイント

・「どうしたの〜?」と正直に聞いてみる
・自分も同じ過ちがないか確認する
・「大丈夫だよ」と安心させる

-ライン心理
-, ,

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5