心理学

渋滞でイライラする人の3つの特徴とは?|どうしてイライラするの?|3つの対処法をご紹介!!

出典:Pixabay

朝の通勤ラッシュや連休のお出掛け時では多くの車が走っており、長い渋滞に巻き込まれることってありますよね。中には「なんでこんな渋滞してるんだよ!」とイライラしてしまう人も。

渋滞でイライラしない人からしたら「どうしてそんなにイライラするの?」と思ってしまいますよね。そこで今回はこのような疑問に回答していきます。

この記事を読むことで渋滞でイライラする人の特徴や性格、イライラしてしまう人への対処法を知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

渋滞でイライラする人の3つの特徴や性格とは?

出典:Pixabay

ここでは、渋滞でイライラする人の特徴や性格を大きく3つにまとめたのでご紹介します。次をご覧ください。

せっかちな人

渋滞でイライラする人の特徴や性格1つ目は「せっかちな人」です。

せっかちな人というのは、自分の思い通りにいかないことが起こるとすぐにイライラしたり不機嫌になってしまいます。そのため、渋滞のせいで予定時刻に間に合いそうになるとイライラしてしまうのです。

このような人は自己中心的な人やわがままな人が多いのが特徴的です。そのため周りからは気難しい人、短気な人だと思われているでしょう。

几帳面な人

渋滞でイライラする人の特徴や性格2つ目は「几帳面な人」です。

几帳面な人は、良く言えば「真面目」「しっかり者」ですが悪く言えば「理屈っぽい」「細かい人」と捉えられます。細かい人は自分の理想のイメージを常に持っており現実で思い通りにいかなかったらイライラしてしまうのです。

このことが運転時に表れてしまっているのでしょう。理屈っぽい人や細かい人は、理想と現実とのギャップにはどうしてもイライラしてしまうのでしょう。

計画性重視な人

渋滞でイライラする人の特徴や性格3つ目は「計画性重視な人」です。

計画性重視な人も自分のイメージ通りに物事がうまくいかなかったらイライラしてしまいがちです。計画性重視な人はどこに行くにしてもある程度、距離や時間を予測して運転しています。そのため思うように進まないと自分の計画が崩れてしまうので、少しイライラしてしまい感情に表れてしまうのです。

その結果、舌打ちや貧乏揺すりをしたり最悪の場合八つ当たりをしてしまう可能性もあります。

渋滞でイライラしない3つの方法とは?

出典:Pixabay

イライラしてしまうと運転が荒くなったり事故してしまう危険も十分にあります。では渋滞でイライラししないためにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは「渋滞でイライラしない3つの方法」について詳しく解説をしていきます。次をご覧ください。

時間に余裕を持って出かける

渋滞でイライラしない方法1つ目は「時間に余裕を持って出かける」です。

イライラして事故してしまうことを防止する一番の方法がこれになります。朝の通勤ラッシュや連休のお出掛けなど交通量が多くなるのが分かっている時は、あらかじめ渋滞を予測して「早めに出かける」「渋滞道を避けて行く」などの対処をすればいいだけです。

最近はスマホで交通量や渋滞を調べることができます。その道を避けて行ったり、早めに出かけるだけで、心と時間に余裕を持って清々しい気持ちで会社に向かうことができますよ。

オススメの記事:【女の子必見】人によって態度を変える男の15の特徴とは〜見分け方から対処法まで解説〜

相手の立場になって考える

渋滞でイライラしない方法2つ目は「相手の立場になって考える」です。

早めに出かけてもどうしても渋滞にはまってしまうこともあるでしょう。そんな時は相手の立場になって考えましょう。「前方を割り込みされた時」「前の車の発進が遅い時」このような時ってイライラしてしまいますよね。

でもこの時、相手の立場になって考えてみるのです。「この先どうしても右折しないといけなかったのかも」「コンタクトが外れてあたふたしちゃってたのかも」色々なことが思い浮かびませんか。

「これだったら仕方ないよね・・」と思うようになるとだんだんイライラがおさまっていくでしょう。

コーヒーやお茶を飲んでリラックスする

渋滞でイライラしない方法3つ目は「コーヒーやお茶を飲んでリラックスする」です。

コーヒーやお茶にはリラックス効果があります。自律神経を整える効果もありますのでイライラがおさまっていくでしょう。なので渋滞に巻き込まれてしまった時はとりあえずコーヒーやお茶を飲んでみましょう。

また、ミルクティーやジュースでも構いません。糖分を摂取することで思考力アップ効果やリラックス効果が期待できますよ。

ドライバーが渋滞でイライラしている時の3つの対処法をご紹介!

出典:Pixabay

最後にドライバーがイライラしている時の3つの対処法もご紹介していきます!

ドライバーが渋滞でイライラしていたらこっちまで同じ気持ちになったり、気まずいですよね。このような時私たちはどのように対処すればいいのでしょうか。次をご覧ください。

反抗せずありままを受け入れる

ドライバーが渋滞でイライラしている時の対処法1つ目は「反抗せずありのままを受け入れる」です。

相手がイライラしていたり機嫌が悪い時にお互い感情的になってはいけません。相手のありのままを受け入れてあげることが大切です。ありのままとは、相手の愚痴や話をありのまま聞いてあげることです

あなたの「そんな怒らなくていいでしょ!」などの意見やアドバイスは入りません。事実だけを受け入れてあげてください。そうすればドライバーは愚痴を話すことでスッキリして平常心に戻っていくでしょう。

コーヒーやお茶を渡す

ドライバーが渋滞でイライラしている時の対処法2つ目は「コーヒーやお茶を渡す」です。

先ほど、リラックス効果や自律神経を整える効果があると解説しました。なのでコーヒーやお茶を相手に渡してあげましょう。そうすればリラックスして落ち着いてくれるでしょう。

放っておく

ドライバーが渋滞でイライラしている時の対処法3つ目は「放っておく」です。

以上の2つを試してもイライラがおさまらなければ放っておくのが一番です。反抗したら返って相手を怒らせてしまうだけなので無視して大丈夫です。

渋滞が抜けた時には問題が解決して自然とイライラがおさまるでしょう。

まとめ

この記事では次の内容について詳しく解説をしました。

・渋滞でイライラする人の3つの特徴や性格とは?
・渋滞でイライラしない3つの方法とは?
・ドライバーが渋滞でイライラしている時の3つの対処法をご紹介!

この記事のポイント

・相手の愚痴や話をありのまま聞いてあげることです
・コーヒーやお茶にはリラックス効果や自律神経を整える効果がある
・渋滞が抜けるまで待つ

-心理学
-

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5