心理学

電話を無視する人の5つの心理&特徴とは??電話に出ない理由や対処法を徹底解説

出典:Pixabay

電話を掛けてもいつも出てくれない人っていませんか?いつも無視されてしまうので、要件がある時は困ることもありますよね。今回は、電話を無視する人の5つの心理や特徴、理由を徹底解説していきます。

また、電話に出てほしい時の対処法もご紹介していますのでぜひ、最後までご覧ください。

この記事の内容

・電話を無視する人の5つの心理
・電話を無視する人の5つの理由
・電話を無視する人に対する対処法をご紹介!!

電話を無視する人の5つの心理

出典:Pixabay

ここでは電話を無視してくる人の心理を5つのまとめましたので詳しく解説していきます。次をご覧ください。

相手によって出るか出ないか決めている

電話を無視してくる人の心理1つ目は「相手によって出るか出ないか決めている」です。

日頃、連絡を取る人の中でも、友達や家族、仕事関係の人など、色々な人と電話をしますよね。

仕事関係の人からの電話は、緊急かつ重要性があって急ぎの連絡である可能性が高いですが、友達や恋人からは緊急の連絡はほとんどない判断している人も一多く存在します。

電話無視しているのは相手が嫌いな訳ではなく、単にその人の生活スタイルで電話に出ていないだけということですね。

何か誘われるのを想定してわざと無視している

電話を無視してくる人の心理2つ目は「何か誘われるのを想定してわざと無視している」です。

それを知ると、誘った側からすれば「嫌なら断ってくれたら良いだけなのに・・」と考えていたとしても、やはりお誘いを断るというのは心理的に高いハードルを感じる人は多いのでしょう。

連絡を受け取る側が男性女性問わず、今はひとりになりたい気持ちであったり、会いたくても会えない状況の時はありますよね。

そんな時、緊急かつ重要な連絡以外はシャットアウトしているということもあるのではないでしょうか。

電話で会話するのが好きじゃない

電話を無視してくる人の心理3つ目は「電話で会話するのが好きじゃない」です。

電話で喋ることが好きな人もいれば苦手な人もいます。苦手な人は、やはり相手の表情が見えない点を不便に思う人もいます。

また、周りに聞かれたくない内容の場合、街中などのひと気が多い場所で電話すると、誰かに聞かれているのではないかと思い電話を避ける人もいます。

相手と連絡を取ること自体は問題ないけれど、単純に電話するということに苦手意識がある人もいます。

用件があればまた折り返し電話くると思っている

電話を無視してくる人の心理4つ目は「用件があればまた折り返し電話くると思っている」です。

電話はラインやメールでのやり取りと比べて、完結にしにくく、テンポが悪くなってしまいがちです。

はっきりとそう思わなくても、電話をする行為に少しめんどくささを感じている人も多いことでしょう。このような人は、もし緊急かつ重要な内容であればまた折り返し連絡してくるだとうと決めつけてしまっている心理もあります。

シンプルに電話に気付いていない

電話を無視してくる人の心理5つ目は「シンプルに電話に気付いていない」です。

「なんで電話出ないんだろう?」と思う時ってありますよね。もしかしたら本人は着信に気付いていない可能性も考えられます。

何か作業に集中している、周囲の雑音がうるさい、スマホをマナーモードにしているなど。このような場合、電話に気づかないこともあり得ます。

電話を無視する人の5つの理由

出典:Pixabay

ここでは電話を無視する人の5つの理由について詳しく解説していきます。

誰かと一緒にいて出れない状況

電話を無視する人の理由1つ目は「誰かと一緒にいて出れない状況」です。

特に、恋人に電話をして出てくれないと、すごく不安な気持ちになりますよね。

しかし、会社の先輩や上司、取引先などといる場合、その人たちに気を遣うのは男性女性問わず必要なことでありマナーなのです。

電話じゃなくても事足りることだと思っている

電話を無視する人の理由2つ目は「電話じゃなくても事足りることだと思っている」です。

電話に出てくれない相手が普段世間話や何気ない会話をしているだけの相手なら、「まあ、別に出なくて良いよね」と考えているかもしれません。

こちらの連絡したい内容が何なのかまでは当然、相手は判断出来ませんので。

そのため、日頃その人と話す内容によって電話するかどうかを決めていている場合があり、他の物事と比較して優先順位が低いというケースもあるでしょう。

長電話が想定できる内容だから

電話を無視する人の理由3つ目は「長電話が想定できる内容だから」です。

電話が苦手な人やめんどくさいと思っている人は、世間話や何気ない会話、つまり無駄話をなるべく避けようとしています。

例え、相手が親しい関係であっても一旦出てしまうとなかなか切りにくいものなので、初めから出ないでおこうと考える人は少なくありません。

恋人や親友など、過去についつい話しすぎたことがある場合は長電話を想定して警戒しているのかもしれません。

知らない番号からの着信だから

電話を無視する人の理由4つ目は「知らない番号からの着信だから」です。

いまだに電話によるオレオレ詐欺や迷惑な勧誘行為などはなかなか減っていません。皆さんも一度は経験したことがあると思います。

知らない番号や非通知でかかってくると、多少なりとも不安になりますよね。

普段はLINEで連絡をしていても、スマホの電話番号は知らなかったというケースは意外とあるものです。

苦手な人からの電話だから憂鬱になっている

電話を無視する人の理由5つ目は「苦手な人からの電話だから憂鬱になっている」です。

過去に電話で怒られたり、指摘してきた先輩や上司からかかってくると「電話に出ることで嫌な気持ちになってしまうかも・・」電話を避ける人も少なくないのではないでしょうか。

仕事でミスをしてしまうことが多い人や、あなたが恋人に対して普段から口うるさく言ってしまっているのであれば、相手は電話で話すことは「楽しい時間」だとは思っていないでしょう。

電話を無視する人に対する3つの対処法をご紹介!!

出典:Pixabay

ではなかなか電話に出てくれない人にはどういった対処をすれば良いのでしょうか。ここでは「電話を無視する人に対する3つの対処法」について詳しく解説していきます。

文章で事足りる内容であればラインやメールにする

電話を無視する人に対する対処法1つ目は「文章で事足りる内容であればラインやメールにする」です。

今はラインを中心にSNSが普及してメッセージのやりとりが簡単で便利になってきました。そのため電話じゃなくてもラインで事足りることがほとんどではないでしょうか

日常会話はもちろん簡単な業務連絡であれば全てラインで完結できます。なので電話をする際は一度「電話をしないといけないほどの内容なのか?」ということを考えてみると良いかもしれませんよ。

お互い電話できる時間を確認する

電話を無視する人に対する対処法2つ目は「お互い電話できる時間を確認する」です。

そして、どうしても電話しないといけない緊急かつ重要な内容であれば電話をするしかありません。ここで大切なのが「事前にラインで電話する時間を決めること」です。もちろん相手にも予定があります。急に連絡をしてしまえば相手の貴重な時間を奪ってしまうことになります。

なので、一度ラインで「今日、お電話できる時ありますか?」「今日電話したいんだけど、いつなら大丈夫かな?」と連絡をすることが重要になります。そうすれば予定通りスムーズに電話を開始することができるでしょう。

留守電を入れて後でかけ直すように促す

電話を無視する人に対する対処法3つ目は「留守電を入れて後でかけ直すように促す」です。

相手に「電話したけど、なぜか繋がらなかった・・」こんなことも無くはありません。もしかしたら予定を忘れているかもしれないし、まだ前の予定が終わっていないのかもしれません。

こんなときは、留守電を入れて後でかけ直すようにメッセージを入れる、もしくはラインやメールで「時間できたらかけ直してください!」と連絡を入れましょう。

まとめ

この記事では以下の内容について詳しく解説をしました。

・電話を無視する人の5つの心理
・電話を無視する人の5つの理由
・電話を無視する人に対する対処法をご紹介!!

この記事のポイント

1.文章で事足りる内容であればラインやメールにする
2.お互い電話できる時間を確認する
3.留守電を入れて後でかけ直すように促す

-心理学
-, ,

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5