心理学 恋愛

相手を下の名前で呼ぶと起きる効果?|心を開らかせる効果抜群のテクニック!【恋愛心理】

本記事に記載されている情報は全て自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項につきましては、専門家等に相談するようにお願いします。

出典:Pixabay

あなたは好きな人からどう呼ばれたら嬉しいですか?

下の名前はその人だけの名前です。あなただけの大切な名前ですよね。なので下の名前で呼ばれたら嬉しい人は多いのではないでしょうか。

ここでは下の名前で呼ぶとどんな効果があるのかについてご紹介していきます。

この記事の内容

・相手を下の名前で呼ぶと起こる効果とは?
・下の名前で呼ぶときのポイント!
・下の名前はどのタイミングで呼ぶと良いの?
・人にとって「名前」は大切なもの

相手を下の名前で呼ぶと起こる効果とは?

出典:Pixabay

ここでは「相手を下の名前で呼ぶと起こる効果とは?」について詳しく解説をしていきます。

返報性の法則がはたらく

相手を下の名前で呼ぶと起こる効果1つ目は「返報性の法則がはたらく」です。

返報性の法則という言葉を聞いたことがあるでしょうか。次をご覧ください。

返報性の法則ってなに?

相手から何か良いことをしてもらうと、自分も何かお返しをしたいと思う心理

「相手から何か良いことをしてもらうと、自分も何かお返しをしたいと思う心理」です。

「お土産をもらったから何かお返ししないと!!」
「試食したから買わないと申し訳ないな....」

このように何か良いことをしてもらうと人はお返しをしたくなる心理がはたらくのです。

恋愛心理でも同じことが言えます。相手に下の名前で呼ぶことで「あ、この人は私に心を開いてくれているんだ...!」と思うようになります。

そうしたら、相手の脳では「私も心を開かないと...!」という心理が働きます。

つまり心を開かせる心理と書いて「開心の返報性」という心理が働くのです。

親近感がわく

相手を下の名前で呼ぶと起こる効果2つ目は「親近感がわく」です。冒頭で話したように下の名前は「その人だけの宝物」です。

その宝物である名前で呼ばれると、相手はあなたに対して好意を抱きやすくなります

なので名字で呼ぶより名前で呼んであげましょう。

下の名前で呼ぶときのポイント!

出典:Pixabay

ここでは下の名前を呼ぶ時のポイントについて詳しく解説をしていきます。

信頼関係が作れてから

下の名前を呼ぶ時のポイント1つ目は「信頼関係が作れてから」です。そこまで親密な関係になる必要はありませんが、ある程度回数を重ねてから使うようにしましょう

もし初対面で初めから下の名前で呼んでしまうと「チャラい」「常識がない」「変な人」このように思われる危険がありますので注意しましょう。

適度さが大事

下の名前を呼ぶ時のポイント2つ目は「適度さが大事」です。

「〇〇ちゃん!〇〇ちゃん!」

このように、下の名前を呼ぶことだけに集中してしまうと「なにこの人....」「ばかにしてるの...?」このように返って逆効果になってしまいます。

ただ単に「下の名前」を呼べばいいことではありませんので注意をしましょう。

人によっては許可を得ること

下の名前を呼ぶ時のポイント3つ目は「人によっては許可を得ること」です。

場合によっては勝手に「下の名前」で呼ばれると不愉快に思う方もいます。もしかしたら過去に苦い経験があって下の名前が嫌いな人もいるかもしれません。

「この子に下の名前で呼んでも大丈夫かな....」このように心配な場合はきちんと相手に聞いてみるのが一番です。

ニックネームで呼ぼう

下の名前を呼ぶ時のポイント4つ目は「ニックネームで呼ぼう」です。

下の名前は結構周りから呼ばれ慣れている場合があります。もしあなたが相手に好意を抱いて欲しい場合は「みんなが呼んでいないようなニックネーム」で呼んでみましょう。

これは周りから”差”をつけるために効果抜群ですよ。あなただけのオリジナリティが出るので、もしそれを気に入ってくれたら好意が増すでしょう

下の名前はどのタイミングで呼ぶと良いの?

出典:Pixabay

「どのタイミングで、下の名前を呼んだらいいのかわからない....」

このような疑問を抱える人はいるのではないでしょうか。ここでは「下の名前を呼ぶタイミング」について詳しく解説をしてきます。

挨拶のとき

下の名前を呼ぶタイミング1つ目は「挨拶のとき」です。

普段の挨拶+α

「〇〇ちゃん、おはよう〜!!」
・「またね〜!〇〇ちゃん
!」

このように「普段の挨拶+α」で下の名前を加えてあげます。これが一番自然に言いやすいパターンです。

話のはじめ

下の名前を呼ぶタイミング2つ目は「話のはじめ」です。

・「〇〇ちゃんってさ、〜とかしないの?」
・「〇〇ちゃんはどう?」

このように話のはじめに下の名前を呼ぶのも効果的です。よく「お前は?」「あなたは?」という人称を使ってしまう人がいますが、ここではNGです。

きちんと名詞である「下の名前」で呼んであげることが大切ですよ。

人にとって「名前」は大切なもの

出典:Pixabay

名前とは「人」というカテゴリーの中の「個人」を表すものです。なのでその人にとって名前は「自分そのもの」なのです。

「お前」「君」「あなた」と言われるより「名前」で呼ばれると「私という存在を認めてくれている」と感じるのです。

名前は人それぞれに付けられている理由は「個人」を明確にするために付けられています。なので人を呼ぶときは、たった一人を表す名前で呼んであげてくださいね。

まとめ

この記事では次の内容について詳しく解説をしました。

・相手を下の名前で呼ぶと起こる効果とは?
・下の名前で呼ぶときのポイント!
・下の名前はどのタイミングで呼ぶと良いの?
・人にとって「名前」は大切なもの

この記事のポイント

開心の返報性がはたらく
・名前はその人だけの「宝物」
・みんなが呼んでいないようなニックネームで呼ぼう!

-心理学, 恋愛
-, , ,

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5