心理学

自分の事を「僕」という男の心理とは?女性のホンネを暴露!【心理学】

出典:Pixabay

自分の事を「僕」という男の人いますよね。多くの男性が自分の事を「俺」というなか「なんで僕っていうんだろ〜?」と気になっている人はいるのではないでしょうか。

ここでは、そのような疑問に回答していきます。

この記事の内容

・自分の事を「僕」という男の心理5選
・自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露|5選

最後には女性からのホンネや意見もご紹介していますので、「僕」という人は女性からどう思われているのか確認してみてくださいね。

自分の事を「僕」という男の心理5選

出典:Pixabay

ここでは「自分の事を「僕」という男の心理5選」について詳しく解説をしていきます。

普段は「俺」だけど敬語で話す時は「僕」

自分の事を「僕」という男の心理1つ目は「普段は「俺」だけど敬語で話す時は「僕」」です。

目上の人に「俺」と言うと相手に失礼な印象を与えてしまいます。仮に「僕」を使う相手としては、自分と立場が同等な人か、もしくは下の人が適切でしょう。

そのため、社会人生活の中で相手に失礼がないようにと、「俺」と「僕」を使い分けている男性は多くいます。

目上の人には「僕」、後輩や部下には「俺」、というように置かれている立場によって使い分け、失礼な言葉使いにならないよう配慮しているのです。

子供の頃から使っていて特に気にしていない

出典:Pixabay

自分の事を「僕」という男の心理2つ目は「子供の頃から使っていて特に気にしていない」です。

「僕」という言葉は、子供のとき男の子が自分のことを表すために教えられる言葉です。多くの人は成長するにつれて、「俺」や「自分」などの言葉に変わっていくものですが、中にはそのまま大人になっても「僕」を使い続ける人もいます。

その理由としては、自分の印象にマイペースなことや無頓着であることが挙げられます。

本人からしてみれば、自分のことを「僕」と言うのは普通のことで、キャラを演じたり自分の印象を意識したりしているわけではないのです。

「僕」の方が自分のキャラに合っている

自分の事を「僕」という男の心理3つ目は「「僕」の方が自分のキャラに合っている」です。

多くの男性が使用する「俺」と言う理由は、力強さ男らしさを感じさせたいと言う思いです。そのため、男らしさは自分のキャラや性格に合わないと感じて「僕」を好んで使用する人もいます。

自分に自信がなく、何となく「俺」を使用するのが気恥ずかしいことから、「僕」を使用する場合もあります。

また、穏やかな性格や可愛い雰囲気に自覚がある男性の場合、「僕」という言葉がしっくりくるのです。

異性から可愛いと思われたくてあえて使っている

自分の事を「僕」という男の心理4つ目は「異性から可愛いと思われたくてあえて使っている」です。

異性や気になっている人から「可愛い〜!」と思ってもらいたくてあえて「僕」と使っている人もいます。

このような人は、周囲の人から人懐っこい性格無邪気なイメージに見られたい思いが強いのでしょう。自分の印象を戦略的に作っていることから計算高い男性の可能性があります。

柔らかい印象を持たせようと思っている

自分の事を「僕」という男の心理5つ目は「柔らかい印象を持たせようと思っている」です。

「僕」という言葉には、優しそうな印象や穏やかな印象があります。

「落ち着きのある男性になりたい」「親密な深い関係になりたい」などの心理から、「僕」を使用する男性も。関わりやすい人として、相手からいい印象を持たれたいのです。

自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露|5選

出典:Pixabay

ここでは自分の事を「僕」と言う男性の女性のホンネ5選をご紹介していきます。

マザコンぽいイメージを感じる

自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露1つ目は「マザコンぽいイメージを感じる」です。

「僕」と言う言葉は小さな子供が自分の事を表現する時に使う印象が強いです。そのため「なんだかマザコンぽい....」「お坊ちゃまみたい」と言うようなイメージを与えてしまいます。

このような男性は自分が甘えたいタイプなことから、恋愛で「母性のある女性」を求めていることが多いです。しかしこれは逆効果になっている可能性が高いのです。

なんだか頼りなく感じる

出典:Pixabay

自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露2つ目は「なんだか頼りなく感じる」です。

「僕」と言う言葉は柔らかい、穏やかな印象を与える反面デメリットとして「頼りない」「男らしさを感じない」と言う印象も与えてしまいます。

そのため「自分を引っ張ってもらいたい」「男らしい男性」を求めている女性からはあまりウケが良くないみたいです。

見た目が可愛い男ならいいと思う

自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露3つ目は「見た目が可愛い男ならいいと思う」です。

いわゆる「塩顔男子」や「小柄な体系で愛嬌のある男性」のような可愛い男性を好む女性も多くいます。このような男性が「僕」と言う言葉を使うと思わずキュンっとする女性も多いのではないでしょうか。

このように、どう言う男性がタイプなのか女性によって大きく印象が変わるようです。

強面でも「僕」と言うと穏やかな印象を感じる

自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露4つ目は「強面でも「僕」と言うと穏やかな印象を感じる」です。

「僕」と言う言葉は柔らかい印象や穏やかなイメージを与えることから、強面な男性で「なんだか、怖そうな人だな...」と思われている男性が「僕」と自分を表現するとギャップで好印象を与える場合もあるようです。

強面な男性がイメージ通り「俺」と表現するより「僕」と表現した方がイメージとの差にギャップが生まれます。いわゆるギャップ萌えというやつですね。

このようにギャップによって相手から好印象を期待できる可能性もあるのです。

言葉使いが丁寧だと感じる

自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露5つ目は「言葉使いが丁寧だと感じる」です。

「僕」という言葉には「低姿勢」「育ちの良さ」という印象を与えます。そのため相手から「優しそう!」「謙虚な人だな!」と思われます。

そのため「安心して会話ができる」「いい関係になれそう」というような好印象を与えます。

まとめ

この記事では次の内容について解説をしました。

・自分の事を「僕」という男の心理5選
・自分の事を「僕」という男の女性のホンネを暴露|5選

この記事のポイント

・失礼な言葉使いにならないよう配慮している
・子供の頃から使っていて特に気にしていない
・「俺」は自分のキャラや性格に合わないと感じている
・人懐っこい性格や無邪気なイメージに見られたいと思っている
・関わりやすい、相手からいい印象を持たれたいと思っている

-心理学
-,

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5