仕事・転職 心理学

営業は意外にこんな性格の人が向いている|成果が出る営業心理テクニックもご紹介。

出典:Pixabay

「営業でなかなか結果が出ない」
「もしかしたら自分は営業が向いていないのではないか?」
「営業で成果を出すにはどうしたらいいんだろう・・」

このような悩みや疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。実際、営業向いている人ってどんな人なのか。気になる方もいると思います。

この記事では、

実は営業が向いている人の性格
営業がうまい人3つの特徴
営業で成果が出る!心理テクニック

について詳しく解説していきます。これを理解できれば、あなたが営業に向いているのか。営業で成果を出すテクニックが分かるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

実は営業が向いている人の性格

出典:Pixabay

では、営業が向いている人の性格はどんな人なのでしょうか。実は、このような性格の人が営業に向いていたんです。

以下をご覧ください。

心配性な人

実は営業が向いている人の性格1つ目は「心配性な人」です。

「心配性だったら自信なさそうに思われて営業には向いていないのでは?」

そう思う方もいるかもしれません。心配性の人は、あれもこれも気になって営業前にあたふたしてしまいがちです。

しかし、営業で大切なのは準備・段取りが8割と言われています。「なんとかなるさ」などあまり準備をしない人に比べて、準備・段取りができるので営業の際、思わぬ変化点にも対応する事ができます。

なので、心配性な人は準備・段取りが8割の基づくと実は営業が向いている人になるのです。

「私は心配性だから・・」

と落ち込んでいたあなたもこれから自信を持って営業ができるのではないでしょうか。

臆病な人

実は営業が向いている人の性格2つ目は「臆病な人」です。営業で成果を出している人は自分のことをよく「俺は臆病な人だ」と言っています。

臆病な人も、営業でチェック漏れや聞き間違いなどのミスが少ない傾向にありますので営業でミスをしにくい点に基づくと、営業が向いている人だと言えます。

「私は臆病だから、営業なんか向いていないや・・」

そう思っていたあなたも、これを聞くと営業に自信が出てくるのではないでしょうか。

もう一つ大切なのが、「自信」を持つことです。何に関しても同じ事が言えますが、自信を持つ事が営業で成果を出す上で最も大事な事だと言えます。

心配性な人でも、臆病な人でもこれを読んで自信をつけるとさらに営業で成果が出てくるでしょう。

営業がうまい人3つの特徴

出典:Pixabay

では、実際に営業で成果を出している人はどんなことをしているのでしょうか。

ここでは「営業がうまい人の特徴」について詳しく解説していきます。

1.聞く力がある

営業がうまい人の特徴1つ目は「聞く力がある」です。

コミュニケーションがうまい人の特徴として話す2割・聞く8割です。

営業が下手な人の特徴として、自社の製品の良さやこだわりを一方的にしてしまいがちです。

一方的に話すと、相手が興味ない話だと退屈してしまいます。退屈してしまうと、契約の場でも相手の熱が冷めてしまっているので契約にはなりづらいでしょう。

なので、大切なのは「ただただ聞く」会話の8割を相手に喋ってもらう事がコツです。

相手に喋ってもらう事で、相手の欲しいもの・求めているもの。つまりニーズを聞き出す事ができるのです。

相手のニーズを知る事ができれば、それを解決できる商品を提供する。それだけで契約になります。なので、大切なことは「聞くを8割」にする事です。

2.気配りができる

営業がうまい人の特徴2つ目は「気配りができる」です。

恋愛で「エスコートできる男はモテる」ように営業でも気配りができる営業担当者は相手から気に入られます。

「お店のドアを開けてあげる」
「人が少ないカフェを選ぶ」
「お水が無くなる前に注いであげる」など

あなたは気を配れる営業担当者でしょうか?自分の行動を思い返してみてください。

3.仕事もプライベートも楽しむ人

営業がうまい人の特徴3つ目は「仕事もプライベートも楽しむ」です。

仕事を楽しんでやっている人は、そうでない人に比べて輝いて見えます。

楽しく仕事をしている人は自然と笑顔が多いです。街の公園で遊んでいる子供を見ると、みんなキラキラしていませんか?

そんな子供を見るとこっちまで元気になりますよね。子供は、自分の好きなことを一生懸命に遊んでいるからキラキラしているのです。

それと同じで、楽しく仕事をしている人はキラキラしていて、その人から元気をもらえます。仕事で楽しみを見つけて、みんなに元気を与えるような営業担当者になりましょう!

オススメの記事:【自分らしく働く】英語スキルを活かした天職に就きたい方必見!〜夢のお仕事5選〜

営業で成果が出る!心理テクニック

出典:Pixabay

先程までは、実は営業が向いている人の性格、営業がうまい人3つの特徴について詳しく解説しました。

では、さらに営業で成果を出すためにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、営業で成果が出る!心理テクニック3選について詳しく解説していきます。

これを読めば、あなたも簡単に営業で成果が出るようになるでしょう。

以下をご覧ください。

失われたチャンスを欲しがる心理

営業で成果が出る心理テクニック1つ目は「失われたチャンスを欲しがる心理」です。

人はチャンスが降ってきている時よりも、チャンスが失われた時の方が「やっぱり欲しい!」という欲が強くなる傾向があります。

この心理を営業でも使っていきます。


例えば、家電製品の営業だとします。この一眼レフをどうしても売らないといけない場合。

お客「一眼レフを見にきたのですが、このカメラってどんな特徴がありますか?」

あなた「こちらのカメラは、この夏新発売の商品で〜というように他社よりもスペックが高いんです。でも実は、このカメラとても人気でして、ちょうど15分くらい前に売り切れてしまって今在庫がもうないんですよ。」

お客「ヘェ〜、そんなに人気なんですね。もうどこにも在庫はないんですか?」

あなた「そうですね。もしかしたら、他の店舗にも少しだけ残っているかもしれないので、よかったら確認してみましょうか?」

お客「はい!ぜひお願いします!」


このように失われたチャンスを目の当たりにしてしまうと、どうしても欲しくなる。という人間心理が働きます。

この例のようにうまく使っていくと契約に繋がるかもしれませんね!

偶然性を使った心理 

営業で成果が出る心理テクニック2つ目は「偶然性を使った心理」です。

人は、商品の「こだわり」を説明されるよりも商品が「偶然」見つかった。

たまたま・偶然というような。チャンスに立たされるとその商品を欲しくなるという心理が働きます。この人間心理を営業でも使っていきます。

例えば、先ほどの場合でも


あなた「そのカメラ、普段仕入れないのですが、今日偶然入荷したばっかりだったんです。」

お客「そうだったんですね!なんかあまり見かけないカメラだと思いました!」


このように偶然を使ったトークをする事で、相手に「珍しい!」「買うしかない!」

と思わせる事ができます。これも営業の中で使うと成果が出てくるかもしれませんね!

無意識に相手の記憶に残す心理

営業で成果が出る心理テクニック3つ目は「無意識に相手の記憶に残す心理」です。

人は、頭にインプットした事でも次の日には8割忘れると言われています。

なので、相手の脳に記憶を残すために一番重要なキーワードをトークの中で3回以上使います。

例えば


あなた「このカメラ、偶然仕入れてしまった商品なのでなかなか見かけないものになります。最近発売された商品が偶然見つかったものでして。なかなか仕入れる事ができないのですが、偶然・たまたま仕入れる事ができた貴重なカメラなんですよ。」

お客「そんな偶然が重なった商品だったんですね!」


このようにキーワードを3回以上使うことによって相手の記憶に残す事ができます。

重要なのは3回以上使う事です!

ぜひ今回ご紹介した3つの心理テクニックを営業で実践してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では

  • 実は営業が向いている人の性格
  • 営業がうまい人3つの特徴
  • 営業で成果が出る!心理テクニック

について詳しく解説しました。ポイントを確認しましょう。

  • 心配性・臆病な人は営業に向いていた!
  • みんなに元気を与えるような営業担当者になろう!
  • 心理テクニックを使うことによって営業で簡単に成果が出る!

営業でなかなか成果が出ずに、上司や職場の圧やノルマに追われて苦しんでいる人が多くいます。その中で、自分に自信をなくしてしまっている人も。

しかし、この記事を読むことによって自信がつき、さらに心理テクニックを使って成果を出す事ができる事でしょう。

あなたがこれから、営業でご活躍することを期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-仕事・転職, 心理学
-, , ,

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5