メンタル

つらい時の乗り越え方|セーフティブランケットってなに?

 


※本記事は以下の様なつらい気持ちの方に向けてお伝えしていきます。

「急に虚しい気持ちに襲われる」「好きな人に振られて生きるのもつらい」「仕事でミスばかりで上司に怒られてつらい」

 

日常生活や仕事でもそうですが、メンタル的に”つらい”と感じている方に見ていただきたい記事です。

本記事ではそのつらいと感じた時の捉え方や考え方をメインにお伝えし、さいごに”つらい時の乗り越え方”についてご紹介していきます。

生きていればつらい時は必ずある|誰もが通る道

人間生きていれば”つらい”と感じることは当たり前なくらいたくさん起こります。さらに若ければ若いほどつらい経験をすることの方が多いのです。

それも若い頃はまだ経験が浅く、社会の常識やマナー、上手く行きやすい人間関係の作り方も分かりません。もちろん若くてもたくさんの経験を重ねつらい思いをたくさん重ねてきた方もいるでしょう。

なので一概に年齢だけで判断できませんが、比較的若い方の方がつらい経験をするのです。

もっとわかりやすく言えば、あなたのつらい経験をおばあちゃんに話してみてください。きっとそのつらい時の乗り越え方を教えてくれることでしょう。なぜなら、おばあちゃんはその経験をしてきたからアドバイスができるのです。

つまり人生で起きるほとんどのつらい経験というのは、全く同じではなくともそれに近い経験は皆んな経験するということ。

なんで自分だけ・・と思っていませんか?

「なんで自分だけ・・」と感じているのは大きな間違いです。自分だけつらい思いをしていることはありませんし、あなたよりももっとつらい経験をしてきた方もたくさんいます。

つらい経験というのは誰もが通る道であり、そのつらい経験を乗り越えるからこそ魅力的な人間になっていくのです。

次の章では、そのつらい時の乗り越え方をお伝えしていきます。

つらい時の乗り越え方”セーフティブランケット”

つらい経験は、誰もが経験するということを知れば少し気持ちが楽になりますよね。では次にもっと具体的につらい時の乗り越え方についてお伝えしていきます。

セーフティブランケットという言葉を聞いたことはありますか?セーフティブランケットとは一般的に「赤ちゃんや子供にかけてあげる毛布やかけ布団のこと」を指しますが、心理的な意味では「自分にとって安心や癒しを感じさせる出来事」を指します。

セーフティブランケットはつらい時の乗り越え方としてとても活用されるのです。なのでつらい時の乗り越え方として今回はセーフティブランケットをベースにお伝えしていきましょう。

つらい時の乗り越え方は5つあります。以下をご覧ください。

・大切な思い出を思い返す
・感動した名言や他人の言動
・自然に触れる
・心許せる親友と会う
・たくさん寝る

順番にご紹介します。

大切な思い出を思い返す

つらい時の乗り越え方1つ目は「大切な思い出を思い返す」です。これはセーフティブランケットで言うと”癒し”が当てはまります。家族との思い出や親友と語り合ったあの日など。

あなたにとっての大切な思い出を思い返すことで癒されたり、また頑張ろうと思えてきませんか?

感動した名言や他人の言動

つらい時の乗り越え方2つ目は「感動した名言や他人の言動」です。これはセーフティブランケットで言うと”安心と癒し”の両方が当てはまります。

例えば、大好きだった彼女に突然振られて立ち直れない自分がいてつらい思いをしているとしましょう。そんな方にはブッダの名言をご紹介します。

”執着があればそれに酔わされるのだ。それゆえに、ものの姿をよくみることができない。執着を離れると、ものの姿をよく知ることができる。だから執着を離れた心に、ものはかえって生きてくる”

ブッダの名言を読むと「自分はただ彼女に執着していただけなのかも知れないな」と振られたことを素直に受け入れ、振られたことをプラスに変えて行こうと思えるでしょう。

名言とは偉人がつらい経験し、つらい時の乗り越え方を知り、なにも知らない僕たちに教えてくださっているのです。なので繰り返しですが自分だけ・・と思うのは間違いです。あなただけじゃなく皆んなが通る道。

自然に触れる

つらい時の乗り越え方3つ目は「自然に触れる」です。これもセーフティブランケットで言うと”安心と癒し”。

例えば近くの公園や山、海に行ってみてはどうでしょう。

実は心理的に自然を浴びることでストレスホルモンが30%も減少すると言う研究結果もあります。

よく老人の方々が公園や自然の多い河川敷で散歩しているのを見たことがあると思います。これは自然に触れることでストレスホルモンを下げ、なおかつ運動することで健康な体を維持させる効果があるのです。

このように心理的にも証明されている実践する価値の高い方法です。

ぜひやってみてください。

【パワハラ】仕返しが怖い?なら2つの選択肢がある

出典:Pixabay こんにちは、たくみです。 日々のパワハラに疲れ、生きがいを見失っている人へ。 ・上司のしつこいパワハラでのストレス、、、・パワハラの反撃したいけど仕返しが怖い、、、。 パワハラ上 ...

続きを見る

心許せる親友と会う

つらい時の乗り越え方4つ目は「心許せる親友と会う」です。これはセーフティブランケットで言うと”安心”です。

今あなたが悩んでいることが恥ずかしい、申し訳ないと思うのであれば別に親友に打ち明ける必要はありません。ここで大切なのは”親友とたわいのない話をすること”にあります。

全く関係のない話で盛り上がったり、たくさん笑うだけでとても効果があります。もっとわかりやすく言えば「気分転換」みたいなものです。

これも心理学的に、人と会話することでストレスが30%も減少し、メンタルの安定、自尊心(自分を大切にする気持ち)が高まると言う研究結果も出ています。

何度か経験がある方もいるかも知れません。友達とたわいのない話をするだけで今まで悩んでいたことやつらいことも「まぁ、いいか」と思えるようになった経験を。

それこそが一番大切なことです。

たくさん寝る

つらい時の乗り越え方5つ目は「たくさん寝る」です。これはセーフティブランケットで言うと”安心”です。

たくさん寝るだけで自律神経を整える効果、メンタルの安定、ポジティブ思考、頭がさえるなど良い効果ばかりです。

つらい時の乗り越え方で一番カンタンですぐにできるのも”たくさん寝る”だと思うのでぜひおすすめです。

つらい時の乗り越え方まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回のまとめを言います。

人生で起きるほとんどのつらい経験というのは、全く同じではなくともそれに近い経験は皆んな経験する

・つらい経験というのは誰もが通る道であり、そのつらい経験を乗り越えるからこそ魅力的な人間になっていく

◯つらい時の乗り越え方5つ

・大切な思い出を思い返す
・感動した名言や他人の言動
・自然に触れる
・心許せる親友と会う
・たくさん寝る

繰り返しになりますが、つらい経験は誰もが経験することであり誰もが通る道。「なんで自分だけ?」と思うのは大間違い。偉人の名言が証明している。

つらい時の乗り越え方はセーフティブランケットを活用するのがおすすめ。

最後まで読んでくださりありがとうございます。何か参考になれば幸いです。

仕事ができる人ほど辞める?|トヨタ社員から社長になった3つの思考法

こんにちは!たくみです。 仕事ができる人ほど辞める。と聞いたことがある方もいるかと思います。 これ、一体なぜなんでしょうか?   仕事辞める勇気すごっ!! 俺にはできないなぁ〜。   もともと僕はトヨ ...

続きを見る

 

-メンタル
-

© 2022 taku-blog Powered by AFFINGER5