心理学

口や唇の仕草から相手の心理を読み解く!裏ワザ12選

出典:Pixabay

恋愛や仕事などで、相手がどう思っているのかわからない時ありませんか?

「この人は今どう感じているんだろう・・」「何を思っているのかな・・?」

このように疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、口や唇の仕草から相手の心理を読み解く12の裏技をご紹介いていきます。

この記事を参考にして、恋愛や仕事などの会話の中で相手の口や唇の動きに注目してその時の相手の心理を理解できるようにしていきましょう!

口や唇の仕草からヒントを掴める12の心理

出典:Pixabay

言葉で相手の感情が読み取れない時でも、口や唇に注目をすると何かヒントが見つかる場合があります。

怒っている時、悲しい時、辛い時、退屈な時など、感情は口や唇の動きに現れています。

それを今回は12個にまとめてみました。
さっそくご紹介していきます。

1.話を聞く時、口を半開きにしている

出典:Pixabay

口を半開きにしている場合はその話に興味がある時、もっと情報が欲しい時に現れる仕草です。

人はこのような場合、無意識に口を半開いてしまうという心理状態なのです。

営業のアポでお客さんが「口を半開き」にして話を聞いている時は興味を示している証拠になります。

なのでこの心理を知っておけば、あなたも自信を持って話ができますよね!

2.あくび

出典:Pixabay

あくびはリラックス・安心退屈という心理状態です。

お互いの信頼が高い関係だと現れやすい心理です。あなたといると安心するという現れです。もしくは、あなたの話が「退屈だよ」というサインでもあります。

好きな人とカフェで話をしている時、相手があくびをしているともしかしたらあなたの話がつまらない・興味ないと思っているかもしれません。

【オススメの記事】
【創意工夫/事例】トヨタ社員攻略?!ネタ探しから裏ワザまで!?全て公開します

楽しくない毎日から解放しよう!コロナ自粛中でも楽しい毎日を送る方法を3つ共有します!

副業で詐欺に遭う人の5つの心理&特徴【それ、騙されてない?】

3.唇を舐める 

出典:Pixabay

唇を舐める時、それは緊張を意味しています。人は緊張をすると喉が乾きやすくなるので、唇を舐めて潤わせようとする働きがあります。

自己紹介や、発表会の場面でもこうした心理状態になる事が見られます。

しかし、問題点として唇を舐めすぎてしまうと、唇が乾燥してカサカサの原因になってしまうので、注意が必要です。

もし、あなたが唇を舐めてしまう癖があるなら、注意する必要があります。

4.口角が下りのへの字になる

出典:Pixabay

口角が下がったへの字の場合は、不満を意味しています。

相手や自分自身。または周囲の出来事などに対して不満を抱えている時に現れる心理状態です。

相手自分がミスをした時、物事が思い通りに行かなかった時に「口角が下りのへの字」になる場合があります。

 5.唇を口の内側に巻き込む

出典:Pixabay

ストレス・不安・緊張・恥ずかしさ・気まずさなど、不快感を感じている時に現れる心理状態です。

会社や学校の自己紹介の場面で、「唇を口の内側に巻き込む」仕草をしている人を見たことがありませんか?

やはり、みんなが注目するような場面でこのような仕草が現れるようです。

6.唇や口をモゴモゴさせる

口や唇をモゴモゴさせるような仕草は怒りを表している心理状態だと言えます。

相手があなたに対して「何か言いたい」「反対意見がある」と思っている時などに現れる仕草です。

あなたの意見に賛成できなかったり、早く話を終わらしたいと思っているかもしれません。

なので、その場合には相手の意見や話を聞いてあげるようにしてあげましょう。

そうすれば、相手の意見を聞く事ができますし、自分の意見を言えて相手はスッキリした気持ちになり、あなたの話を聞いてくれるかもしれません。

7.唇を触る

唇を触る仕草は、考え事をしている時、安心感が欲しい時、嘘を隠そうとしている時、欲求不満な時などです。

あなたの周りにもいつも唇を触っている人はいませんか?様々な心理がありますが「会社などで手にペンを握って唇を触っている人」は考え事をしている現れです。

「恋人で浮気がバレそうな時に唇を触る仕草をした場合」時は嘘を隠そうとしている心理状態だと言えます。

また、女性の場合「異性といい雰囲気になり、女性が唇を触るような仕草をした場合」は自分をアピールをしているという仕草でもあります。

このように唇を触る仕草の意味は色々あります。その場の状況に応じて、心理状態を読み取る事が大切です。

 

オススメの記事【恋愛】あなたに幸運が訪れる??こんな7つの前兆があった!!

8.唇を噛む

出典:Pixabay

唇を噛む仕草はストレスを感じている時に現れる仕草です。

そのストレスとは
「相手に何か言いたいけど言えない・・」
と言った我慢のストレスを感じている時に現れる心理状態です。

上司や、先輩、恋人など反論しづらい時に「唇を噛む」という仕草が見られます。

なので、相手が唇をかむ噛む仕草をしたら、あなたには言いづらい意見があるのかもしれません。

その場合は、相手が自由に自分の意見を言えるような雰囲気、環境を作ってあげると相手も意見を言ってくれるようになるかと思います。

9.口をすぼめる 

口をすぼめる仕草は、自分と違う意見を持っている時などに現れる心理状態です。あなたの意見に反対ですよという意味です。

よく上司に何か言われて、「部下が口をすぼめる」ような時を見たことがあります。その時、部下は上司の考えとは違う意見を持っているよ。というサインだということになります。

あなたが上司の場合は部下の口や唇の動きに注目してみると何か新しい気づきがあるかもしれません。

10.口を隠して話す

出典:Pixabay

口を隠して話している場合、うっかり発言をしないようにしている。言葉を慎重に選んでいるという仕草です。

相手はあなたに対して何か隠し事をして、それがバレないように言葉を慎重に選んでいることかもしれません。

例えばカップル内で、彼氏が「髪切ったんだ。似合っているね!」と口を隠しながら話していると、もしかしたら反対の意見を持っているということかもしれませんね。

11.左側の口角だけが上がる

出典:Pixabay

左側の口角だけが上がっている場合は、退屈のサインです。

彼女の話に対して、彼氏が「へぇ、そうなんだ」と左側の口角が下がった状態で話を聞いていた場合はあなたの話がつまらない・退屈と思っている現れかもしれません。

その時の本当の感情は、顔の左半分に現れています。また、その場の雰囲気に合わせて、とりあえず笑っておくかという時にも左側の口角だけが下がっている場合があります。

12.右側の口角だけが上がる

反対に右側の口角だけが上がっている場合は、相手をバカにしている、見下している、といった仕草になります。

自分の思惑通りに事が進み、自分の目的が達成できそうな時に「右側の口角だけが上がる」傾向があります。

映画などでも、悪人が勝利しそうな時「ニヤリ」といったような口角をしますよね。

これがまさに「バカにしている・見下している」心理状態だと言えます。

まとめ

この記事では

  • 口や唇の仕草からヒントを掴める12の心理

について詳しく解説しました。ポイントを確認しましょう

  • 口や唇の仕草に注目すると相手の心理状態がわかる!
  • 12の心理状態を理解して、より良い関係を築こう!

12の心理状態を理解すれば、相手の気持ちを読み取るヒントがあるかもしれません。

場面や状況によって必ずしも正解はありませんが、参考になると思います。

今後、会社や恋愛で相手の内側の気持ちを理解してあげると相手との関係がよくなっていく事でしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-心理学
-, ,

© 2021 taku-blog Powered by AFFINGER5